ライブ・発表会を終えて

タグ

, , ,

こんばんはー。
もう3月ですね。

世の中は新コロで大騒ぎですね。まさかこんな2020年3月になるとは…
落ち着いたら感染症の歴史関連本を読んでみたいと思っています。

きっとこの記事をあとで読んで,そういえばそんなことがあったか!
程度でおさまることを願っています。

さてそんな騒ぎの入り口の頃,クラシックギターの発表会(2/23)と浅野昭一さんにお誘いいただいたduoシリーズライブvol.45(2/24)が連日ありました。

まず発表会ですが…
選曲がカヴァティーナ。
男性でも左手がきつい曲なのに,手が極小の私が選ぶべき曲ではないのですが,大好きな曲。
そしてこの曲の練習のやり方が悪かったのか,左手小指第一関節を負傷するという顛末になりましたが,なんとか本番では弾くことができました。

左手のきつさもさることながら,ちょっとトリッキーな楽譜なので,
当日は暗譜はやめて楽譜をちゃんと見ながらやって大正解。
もう少し練習できていれば暗譜までできたかなと負傷が悔やまれます。

そして翌日のライブ。
Jazzの大先輩である浅野さんになぜかお誘いいただき,
実のところ自分には無理じゃないかと思ったのですが,
迷った時は大変なほうを選ぶポリシーにしたがって,
結果は本当によい経験になったと思います。

ギンガのChoro por zeがもーーー,大変でした。
歌もギターもどちらも大変って,そうないです。
大概はどちらかが大変なんですよね。
ほとんどこれに費やした感じです。

本番では浅野さんにたくさん助けていただきました。
本当にありがとうございました!
一人弾き語りでは得られない貴重な経験でした。

Set List
1st.set
1)Berimbau
2)Fotografia
3)luiza
4)Menina Moça
5)Choro pro Ze

2nd.set
1)If my complaints could passions move
2)A Rã
3)Dindi
4)O Pato
5)Falsa Baiana

flor de lis(アンコール)

セッションでもお客様にピアニストの方がいて,大変助かりました!
(セッションホストやっていただいような感じでー^^;)

そしてお客様がライブ中に即興で絵を描いてくださり,いい記念になりました。
すでに玄関に飾ってあります♪

浅野さん,あっほいあひぃーのマスター,お客様,皆さまどーもありがとうございました〜。

関節炎はそろそろよくなってきたので,ギター練習をちょっとずつ再開してます!
やりたい曲はたくさんあるんですよー。きりないですね。